忍者ブログ
日ごろ気になっている言葉や刺激を受けたことがらを、勝手気ままな視点で記していきます。
 
10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
09月
11月
 
28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はDVDで『ニュースの天才』を見た。



これはアメリカで起こった実話を元にした作品。大統領にも読まれているという硬派な雑誌『ニュー リパブリック(The new republic)』の人気ジャーナリストが、記事をねつ造していたというストーリーだ。実際にこの媒体も存在し、主人公のスティーブン・グラスや編集長たちも実在している。

このスティーブン・グラスが、若手人気ジャーナリスト。人望も厚く、すっぱ抜き記事も多いうえに、原稿も面白いことから、社内的にも読者からも信頼されていた。彼が記事をねつ造していたことで、最初は同僚たちもかばうのだがーーみたいな話。

マスコミ側の良心と読者の価値観など、いろいろと思うところはあったけど、何が面白いって、このスティーブン本人がねつ造事件後、ちゃっかりテレビに出て、事件の詳細を話していること。そのドキュメンタリー番組が特典映像に入っているいので、ぜひ見てもらいたいなぁ。

この番組によると、スティーブン本人は事件後5年間、セラピーなどに通って、自分の行いを省みたという。5年間かけて、ようやく事の重大さが飲み込めたらしい。で、今は弁護士資格を取得して、弁護士としての道を考えているみたい。失笑。

活動を再開した彼は、なんと野心家の記者が記事をねつ造する物語『でっち上げ屋(The fabulist)』という小説を発表。 爆笑! やっぱり反省してないでしょ!

でも彼は「今まで自分のしたことが恥ずかしくて、出てこれなかった。でもこれからは出てきて、信じてもらうようにがんばるしかない」とか言っているんだけど、話の途中で「ねつ造記事のクレームとかはなかったの?」という質問に「全部、架空の人物や会社だから、クレームがくるはずない」って、ちょい笑いながら話していて、こいつは信じられないなーと私は思ってしまったな。

作品を見ると、嘘のためにボイスメールやメール、サイトも自分でつくったりして、嘘の上塗りぶりがすごすぎる。だからこの番組でも、「やっぱりこの話も嘘なのかな」と頭から決めてつい見てしまう。元編集長たちも「彼の話はまったく信じられない!」って、今も言い切っているし。
だから、いっそ反省は口にしないで(するとますます嘘っぽくなるから)、そのまま“でっち上げ屋”路線でフィクションだけ書いていればいいのに…というのが正直な感想。

でもこの特典映像はかなり面白かったな。




PR
COMMENT
文字と絵 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お名前
メール
URL
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
 
PRODUCED BY SHINOBI.JP
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/21 眠る猫ミステリーしまきちの孫]
[07/09 むー]
[07/05 むー]
[01/14 ホリジュン]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Kai
性別:
女性
職業:
自由業             (この響き気に入っています!)
趣味:
読書、散歩、人間観察、     笑えるネタ集め
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
忍者アド