忍者ブログ
日ごろ気になっている言葉や刺激を受けたことがらを、勝手気ままな視点で記していきます。
 
11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
10月
12月
 
19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

30歳を過ぎてから思うことは、「これからどうやって歳をとるのだろう」ということ。

なんとなく20代後半までは、山を登っている気がしたが、あっという間に下り坂になっている気がする。とくにお肌。頂上をいつ通り過ぎたか、まったく気づかなかったなぁ。頂上は決して広くはなく、点だったみたい。

30歳前後で気になったのは、「いつまで年齢を気にしていますか」とか「まだ年齢で生きていますか」という雑誌やポスターのコピーだったな。じぃ〜って見ている自分にハッと気づき、「なんて私ってちっぽけなんだ」と落ち込んだっけ。

そういえば宝島社の企業広告のコピーにも、「生年月日を捨てましょう」というのがあって、それに美輪明宏さんを起用しているものだから、みんなで「性別もね」って話したのを覚えている。ちなみにたくさんの広告賞をとっています。納得。

そもそも年齢ってなんだろう? なくなってほしい気もするけど、ハタチだと思ったら40歳になってて、まだ学生やってた〜なんてことになっても困るよね(アホすぎるけど)、やっぱり。
テレビで著名人が出てくると、必ずカッコで年齢が表示されるのはナゼかしら?
(あれって、他国では見ないらしいけど)

たぶん年齢に何らかの判断基準があって、それによって自分の価値観との照らし合わせるのに、もってこいなのかもしれない。

でも欧米でもアンチエイジングとかって言われているので、加齢に関してはみんな気になるところなのでしょう。

もっと楽しく歳はとれないものなのかなぁ…と考えていると、ふと
「歳を重ねる」
という表現を思いついた。

おぉ。実にポジティブ。なんだか今までの人生が蓄積されていくような感じ。
「歳をとる」と大違い。こっちは減点方式のテストみたい。

長い人生。「歳を重ねる」と加点でいきたいものです。





PR
COMMENT
文字と絵 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お名前
メール
URL
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
 
PRODUCED BY SHINOBI.JP
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/21 眠る猫ミステリーしまきちの孫]
[07/09 むー]
[07/05 むー]
[01/14 ホリジュン]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Kai
性別:
女性
職業:
自由業             (この響き気に入っています!)
趣味:
読書、散歩、人間観察、     笑えるネタ集め
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
忍者アド