忍者ブログ
日ごろ気になっている言葉や刺激を受けたことがらを、勝手気ままな視点で記していきます。
 
10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
09月
11月
 
16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さてさて、今回は言葉について取り上げたいと思う。

私が最近使えるなーと思っている言葉の1つが、この「ユニーク」。

過去の私のブログに書いたのだが、
「一度も植民地になったことがない日本」

この本の著者である、デュラン・れい子さんは日本について外国人へ伝えるとき、遠慮せず、「ヘンなところもたくさんあるけど、ユニークなところもたくさんあるのよ」と言えばいいんじゃないかと述べている。

「ユニーク」ってなんだかやわらかい雰囲気な言葉だなぁ。
●ユニーク【unique フランス・イギリス】
ほかに類のないさま。独特。独自。(広辞苑第五版)

ヘンと似ている…。フランス語では、一人っ子の意味もあるそうで、なんだか他人事とは思えない言葉。ヘン、なのかな、私。

根が正直者で嘘をつくのが苦手な私は、悪気はなくても本音トークに走りがちになる。自分では“本音”と思っていても、人の心証を悪くしてはそれは言葉の武器になってしまう。「本音を言って、自分だけスッキリは良くないぞ!」と言い聞かせ、私なりにがんばってはいるのだが、なんだか空々しいコメントに。それをこの「ユニーク」で解決できそうなのだ!

たとえば、
すごく趣味の悪いネクタイを自慢されたときに
「わぁスゴイ柄のネクタイですねー!」

「わぁ、ユニークな柄のネクタイですねー!」
とか
独創的な料理を出すお店で、「ん、ん?」と思ったときも
「ビミョーな味…」

「なんだか、ユニークな味!」
とか言って、思ったままの素の自分で乗り切ることが可能。
しかも妙な高揚感も生まれて、「ユニーク」→「ステキ♪」に変換される気がするのが、不思議なところ。

とっても便利かつ楽しげな言葉なので、フル活用したいと思います!



PR
COMMENT
文字と絵 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お名前
メール
URL
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
 
PRODUCED BY SHINOBI.JP
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/21 眠る猫ミステリーしまきちの孫]
[07/09 むー]
[07/05 むー]
[01/14 ホリジュン]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Kai
性別:
女性
職業:
自由業             (この響き気に入っています!)
趣味:
読書、散歩、人間観察、     笑えるネタ集め
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
忍者アド